subVisual

代表紹介

ご相談はこちらから 090-4516-4113 0978-82-0285

ご挨拶

衣笠建具製作所のホームページにお越しくださり感謝いたします。
衣笠建具製作所は、先代が10代の頃から京都で修行をして私が10歳の時に故郷の国東半島に戻り創業して50年が過ぎました。
私は18歳から木製建具専門の職人として親父から技を受け継ぎ60歳になりましたが、 さらに伝統建具の技術を学ぼうと京都で開催している「全国伝統建具技術保存会」にも参加をしていました。
毎日の仕事は、建具製作・家具製作・既製品建具の取り付け・古くなった建具金物の交換や割れたガラスの入替等々で地元だけではなくて、 東は別府や大分市内、西は豊後高田や中津へと走り回っています。
木製建具に関することなら、お客様のご相談にのり「出来る」を心がけて対応しています。

また、近くで映画の撮影があった時に、知り合いから頼まれた大道具の製作やエキストラ参加がきっかけで 忙しい建具業の合間を見つけては映画やドラマや舞台へ出演する趣味も持っています。
まだまだ修行中で趣味も楽しんでいる私ですが、建具で困ったときやリフォームをお考えの際にはお気軽にご相談ください。

経歴

昭和61年 木製建具製作2級 取得
平成4年 木製建具製作1級 取得
平成8年 職業訓練指導員木工科 取得
平成17年 木材加工用機械作業 取得
平成26年 ものづくりマイスター認定 取得
平成25年 大分県技能士会会長表彰
平成28年 木製建具施工士1級 取得
平成29年 大分県県知事技能顕功賞
平成30年 全国建設産業団体連合会会長表彰

昭和53年に高校を卒業してすぐ先代の手伝いを始める。
当時は、この田舎でも月に1軒は新築が建つほどの好景気で毎日のように障子やドアを作っていました。
当店は、機械化が遅く手加工の障子製作をしていたおかげで建具製作の基本が自然と学べました。
これらの資格を取得したおかげで、学校へ木工の楽しさを伝える授業に参加。
企業へは、若手の資格試験の試験官で参加。
技能大会では参加者への指導と大会当日は試験官として参加。
そして、さらなる技能向上と日本の伝統技術を学び伝えるために(一財)全国伝統建具技術保存会会員として京都で国宝級の伝統建具保存の手伝いをしていました。

許可・資格

ものづくりマイスター認定
木製建具製作1級技能士
木製建具施工士
職業訓練指導員免許
木材加工用機械作業

トップへ戻る